任意整理の費用ガイド

任意整理の費用と安い法律事務所に依頼をする際のポイント

任意整理を弁護士や司法書士に依頼した場合の費用相場や内訳、
安いと判断する基準やおすすめの法律事務所についてわかりやすくまとめました。

任意整理を検討しているということは、お金に困っている方が大半だと思うので、
できれば専門家に安い費用で依頼したい方がほとんどだと思います。

「任意整理の費用が払えない・・・」
「いくらなら高くて、いくらなら安いの?」
「できる限り安く済ませたい」

など、任意整理の費用に関する疑問を解決するための糸口になれば幸いです!

任意整理の費用について

任意整理にかかる費用。
インターネットで任意整理の費用と検索をすると、

「着手金30000円!」
「減額報酬10%~」

などなど、各法律事務所によって金額や費用の名目が様々です。
これは、弁護士や司法書士の報酬は基本的に事務所が自由に設定できることからこのようになっています。

まずは、任意整理にかかる費用の内訳から理解しておきましょう。
任意整理にかかる費用は、「着手金」「成功報酬」「減額報酬」「過払い報酬」の合計になります。
ではそれぞれどんなシチュエーションで発生する費用なのか確認していきましょう。

着手金

着手金は任意整理を依頼する段階で必要になる費用です。案件の成功や失敗などに関係なく、
お願いするだけで発生するので支払わなければ任意整理の手続きをしてくれません。
0円の事務所もあれば、1社につき〇○万円、債権者数に関わらず一律〇〇万円などといった設定が多いです。

基本報酬

基本報酬はその他にも「成功報酬」や「解決報酬」「定額報酬」など法律事務所によって呼び方は様々ですが、なんの費用か?と言えば、1社あたりに必ず発生する報酬になります。
支払いは任意整理を依頼した後に分割で支払っていくパターンが多いです。

減額報酬

減額報酬は、債権者(貸金業者)が請求している借金の返済額から、和解によって成立した返済額の差額に対する報酬で、パーセンテージで設定されている費用です。例えば減額報酬が10%で100万円の借金が任意整理によって70万円になったら3万円の費用が発生します。

ただ任意整理は基本的に将来利息と遅延損害金のカットで和解するケースがほとんどです。
過払い金が発生していない限りは元金が減ることはないので減額報酬はそんなに発生しないでしょう。なので遅延損害金がよほど発生していない限りはそんなに気にする必要なないかなとも思います。

過払い報酬

過払い金が発生していた場合に、返還された過払い金の金額に対して発生する費用です。
こちらもパーセンテージで設定されている費用で、計算方法は上記の減額報酬と同じです。
しかし、最近はグレーゾーン金利撤廃からある程度期間が経過しているので過払い金請求が発生していないケースが多くなっています。

実費

任意整理の通知や交渉を行う際の郵便切手代や、和解後の返済代行もお願いする際に発生する費用で基本的にはかかっても数千円程度です。

以上が任意整理にかかる基本的な費用の内訳となります。
法律事務所によっては発生しない費用もあるのでホームページでしっかり確認しましょう。

〇〇円~の「~」が気になる!

弁護士や司法書士事務所のホームページを見ると「1社20000円~」や「成功報酬10%~」などいかにも上がりそうな表記があって「本当に依頼して大丈夫か?」と不安になりますよね。

ホームページに記載されている料金よりも費用が上がってしまう例としては下記のような場合があります。

・すでに債権者から訴訟提起されていて裁判対応をしなければいけない場合
・一度任意整理をしたけど支払いができずに弁護士や司法書士が辞任してしまった場合
・自動車ローンやバイクなどのローンがあって車両の引き上げを含む場合

このように、置かれている状況によって費用が変わってくるケースがあります。
なので正確な任意整理の費用に関しては直接電話やメール相談をして債務状況を説明して見積もり金額を出してもらってから検討することをおすすめします。

任意整理の費用相場と、安いと判断する基準

任意整理にはどんな費用がかかるか?わかっていただけたでしょうか?
これらの費用の合計が任意整理にかかる弁護士や司法書士費用となります。

次に重要なのが「一体いくらぐらいが相場なのか?」です。
任意整理の相場を計算することはとても難しいです。

なぜなら人によって債権者数も違えば借金総額も違います。
弁護士・司法書士事務所によって値段設定が異なるので相場が出せないのが本音です。

なのでここでは紹介してきた費用を元に「安いと判断できる基準」を紹介します。

着手金・・・0円 できればない事務所を探したい
成功報酬・・・1社20000円~40000円
減額報酬・・・0% できればない事務所を探したい
過払い報酬・・・10%~18%

過払い報酬や減額報酬は発生しない可能性もあるので上記の条件に1つ~2つ程度当てはまる(もしくは大きく逸脱しない)
法律事務所であれば費用の安い法律事務所と言えるでしょう。

これは実際にいくつかの法律事務所のホームページを見てもらえればわかると思いますが、基本的に弁護士は着手金があり、司法書士は着手金無料のパターンが多いです。

なので任意整理にかかる費用を安く済ませたい場合は司法書士に依頼するのがおすすめです。

任意整理における弁護士・司法書士の違い

任意整理を弁護士と司法書士に依頼する場合、どのような違いがあるのでしょうか?
まず一つには、すでに紹介した費用の違いがあります。
一般的に司法書士に依頼したほうが弁護士に依頼するよりも費用は安いです。
ちなみにここでいう司法書士とは認定司法書士となります。

次に、交渉権や代理権の違いです。
と言っても何のことかわかりづらいですよね。
簡単に言えば、個別の債権額が140万円を超えると司法書士は交渉や訴訟の対応ができません。
よく「借金総額が140万円を超えると司法書士は対応できない」と記載されているサイトが
ありますが、借金総額ではなく「個別の債権額」なので勘違いをしないでくださいね。

例えば、借金総額が200万円の場合でも1社あたりの債権額が140万円を超えていなければ司法書士でも対応できます。

最後にこれは完全な個人の主観ですが、弁護士事務所のほうが費用は高いですが、
トータルでのサポート力は高いイメージがあります。

司法書士の場合は訴訟に発展している場合は費用が高くなったり、場合によっては引き受けてくれない可能性もありますが、弁護士は難度の高い案件でも引き受けてくれるイメージです。

なので個別の債権額が140万円以下で特に訴訟提起などされていない場合は司法書士、個別の債権額が140万円以上やすでに訴訟提起されているような場合は弁護士に依頼することをおすすめします。

任意整理の費用が安い法律事務所

では、任意整理の費用が安い基準に該当している法律事務所を紹介していきたいと思います。
過払い金が発生しているかどうか?や遅延損害金が発生しているかどうか?によっては費用が安い法律事務所は変わってきます。

この記事で紹介している法律事務所は相談料など依頼前にお金はかからないので、具体的な費用は無料の電話相談やメール相談で確認してくださいね!

新大阪法務司法書士事務所(債務Lady)


新大阪法務司法事務所は着手金無料でその他の報酬も安いと言えるでしょう。
過払い報酬は安いとは言えませんが、決して高くはありません。
分割払いにも対応しているので任意整理の費用で選ぶ際にはおすすめの法律事務所です。
家族にバレないための配慮や女性専用窓口も設置しているなど良心的な法律事務所になります。

着手金:0円
基本報酬:1社あたり20000円(税別)
減額報酬:10%or20000円
過払い報酬:20%
実費:郵送代
代表司法書士:金井一美司法書士
所属司法書士会:大阪司法書士会所属 3137号

アヴァンス法務事務所


アヴァンス法務事務所は着手金こそ必要になりますが、基本報酬や減額報酬、
過払い報酬が安いので任意整理の際にはおすすめの法律事務所になります。
着手金は分割、もしくは後払い可能と費用の支払い方法も柔軟に対応してくれます。
アヴァンスも女性専用窓口があり、WEB上で任意整理の進捗状況が確認できる
アヴァンス・ネクストというシステムを導入していて安心して依頼ができる法務事務所です。

着手金:1社あたり 39800円(税別)
基本報酬:1社あたり10200円(税別)
減額報酬:0円
過払い報酬:12万円以下0%12万円以上22%
実費:事務手数料
代表司法書士:姜 正幸
所属司法書士会:大阪司法書士会所属 第4065号

司法書士法人 杉山事務所


週刊ダイヤモンドに「消費者金融が最も恐れる司法書士」として掲載された
全国に支店が8つある法律事務所です。
過払い金の相談実績は月間3000件、過払い金返還金額は月5億円以上なので、
過払い金が発生している可能性の高い任意整理におすすめです。
過払い金が発生していない場合は単純に1社あたり50000円(税別)の費用となります。

着手金:無料
基本報酬:1社あたり50000円(税別)
減額報酬:0円
過払い報酬:20%~
実費:事務手数料
代表司法書士:杉山一穂
所属司法書士会:大阪司法書士会所属 第3897号

弁護士法人 東京ロータス法律事務所


費用で選ぶなら司法書士のほうが安いですが、個別の債権額が140万円を超える方に、
おすすめの費用の安い弁護士事務所が東京ロータス法律事務所です。
無料になっている費用はないものの、それぞれの費用の価格帯が安いのが特徴です。

着手金:20000円(税別)
基本報酬:1社あたり20000円(税別)
減額報酬:10%
過払い報酬:20%~
実費:諸費用5000円
代表司法書士:岡田優仕
所属司法書士会:東京弁護士会所属 第11528号

以上が当サイトが選んだ任意整理の費用が安い司法書士・弁護士事務所になります。
無料相談可能なのでまずは電話やメールなので相談をして具体的にかかる費用について見積もりをしてもらうことをおすすめします。

任意整理の費用が払えない場合の対処法

費用が安いといっても任意整理を弁護士や司法書士に依頼するとそれなりの費用が必要です。なので今現在すでに返済に苦労している方からすると「安いと言っても払えない・・・」と思う方も多いかもしれませんね。

しかし、任意整理をする方のほとんどが弁護士や司法書士に依頼して任意整理の手続きを行っていて費用もしっかりと支払っています。

なぜ任意整理の費用が払えるのか?次はそのカラクリについて紹介していきましょう。

毎月の返済分を費用に充てる

任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、債権者(貸金業者)に受任通知が送られます。
任意整理の受任通知が債権者に届くと基本的には和解に至るまで借金返済がストップします。
もちろん催促や取り立てもなくなります。

任意整理を依頼して、最終的に和解して支払いが再開されるまでの期間は債権者数や交渉の進捗具合にもよりますが、平均すると3ヶ月~6ヶ月となります。

この期間はこれまで毎月借金返済に充てていたお金が丸々浮くので、現時点で任意整理の費用が払えない方はこの期間のお金を弁護士や司法書士への費用として充てているケースが多いです。分割払いに対応している法律事務所も最近は増えているので、現時点でお金がなくても任意整理の費用を支払えるというわけです。

法テラスを利用して任意整理をする場合の費用

法テラス(民事法律扶助制度)を利用して任意整理をするケースも考えられます。
民事法律扶助制度は公的な制度で法テラスが行っています。

法テラスを利用すると弁護士や司法書士への報酬を全額立て替えてもらうことが可能です。
その場合、収入などにもよりますが毎月5000円程度の分割払いで任意整理の費用を払っていきます。
つまり、手元にお金がない状態でも任意整理の手続きができます。

さらに法テラスを利用すると、弁護士事務所や司法書士事務所の報酬は決められています。
減額報酬はかからず、着手金と実費のみとなります。
かかる費用は債権者数に応じて変わります。

法テラスを利用して債務整理をした場合の費用
債権者数
1社 42400円
2社 63600円
3社 84800円
4社 106400円
5社 133000円

場合によっては法テラスを利用したほうが任意整理の費用が安くなる場合もあります。
法テラスを利用する場合は各都道府県にある法テラスの事務所に連絡しましょう。

>>法テラス法律事務所一覧

※注意点
・法テラスの民事法律扶助制度を利用するためには収入や資産に一定の条件があります。
・全ての弁護士、司法書士事務所が法テラスに登録しているわけではありません。
・基本的には法テラスに常勤する弁護士、司法書士か法テラスが紹介してくれる事務所になります。

また、法テラスは相談をしてから収入や資産の審査を経て弁護士・司法書士との相談といった流れになるので直接依頼するよりも解決までに時間を要することが多いです。

まとめ

ご覧いただきありがとうございます。
最後に任意整理の費用について完結にまとめたいと思います。

・任意整理にかかる費用
「着手金」「成功報酬」「減額報酬」「過払い報酬」の合計

・任意整理の費用の平均
全て合計して1社あたり4万円~5万円なら安いと判断!

・弁護士と司法書士の違い
1社あたり140万円以上の借金がある場合は弁護士!
それ以外なら司法書士のほうが費用は安い。

・費用が安い法律事務所を探す

報酬ごとに比較するのではなく全体の費用で比較する
具体的な金額は電話やメールで直接聞くのが早い
初回の相談は無料の事務所を選ぶ

・任意整理の費用が払えない場合
分割払いや後払いの専門家に相談or法テラスに相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする